HOME > DMP

Dancers Movement Program養成コースのご案内

 Dancers Movement Programはムーブメントを通じて
機能的な身体の動きや解剖の理解を深められます。
単にエクササイズやムーブメントの振付を覚えるのではなく何故その動きになるのか、何が必要なのか?を学んでいきます。
 
ダンスを踊るということは
身体に負担をかけてしまうということでもあります。
身体の機能的な動きの学習はもちろんのこと
踊る為に必要な筋肉・関節の安定など
ダンスを踊る身体を理解し
心と身体に落とし込んでいくプログラムです。
 
このコースを受講していただくことで
踊る前のウォームアップと
踊った後のクールダウンで
 
何をすれば良いかが身につくようになります。


12月:東京コース開催決定 NEW!!

【日 時】12月7日(土)14時〜18時
     12月8日(日)14時〜18時
     12月13日(金)14時〜17時
     12月14日(土)15時〜18時
【場 所】スタジオダンサージュ(東京新宿区)
【受講料】121,000円(税込) テキスト・認定証書含む
【講 師】杏奈DMPマスターティーチャー
【対 象】ピラティス資格、またはその他のボディワーク資格保有者
 
お問い合せ・ご予約 | info@dansanna.jp


バレエダンサーの方々へ

バレエダンサーは、近年コンテンポラリーダンスを踊る機会が増えてきました。
コンテンポラリーダンスは、クラシックバレエとは異なりオフバランスやフロアワーク等を行うことが求められます。このDMPではフロアワークの基本となる身体の使い方、そしてオフバランス等に対応可能な体幹、そして胸郭の柔軟性を向上させる動きなど
ダンスに直接繋げられるムーブメントをプログラムしております。

ダンスレッスンで取り入れやすいムーブメント

通常のダンスのレッスンでも取り入れやすい
マットを使用しないムーブメントや
スタンディングムーブメントなどをプログラムしています。

ピラティスとのつながり

このDMPは、ピラティスの身体の使い方を基本にしプログラムしています。
そしてそれらをダンス寄りな動きに発展させています。ピラティスの理解があるとより入りやすく、そしてこのプログラムを実践することにより、ピラティスへの理解も深められるようになります。言い換えてみますと、ダンスとピラティスの中間に位置するプログラムであると言えます。